たまごまごごはん

たまごまごのたまごなひとことメモ

みんな『賭ケグルイ』の早乙女芽亜里に惚れればいいと思うよ

賭ケグルイ双(5) (ガンガンコミックスJOKER)

賭ケグルイ』の金髪ツンツンツインテール、早乙女芽亜里は本当にいいキャラ。

原作連載初期から、もう芽亜里一択でしょうみたいなところあったけど、声付いて動くとやばいですね。

nlab.itmedia.co.jp

こういうのも書きました。

 

金髪でツインテールって時点で、もう勝ちじゃん。

(この子、友達作るためにかわいくしようと意図的にしてるからね!)

さらに貧乳属性備えてますからね。作中で言われてますからね。 爆乳の蛇喰夢子と色んな所正反対です。

正反対といえば、蛇喰夢子は「勝ち負けどうでもいいからギャンブルでリスク背負って楽しみましょう滾ってしまいますわ」タイプ、生志摩妄が「勝負に負けて痛い目にあいたい」というドM体質、生徒会長が「面白いことをしたいわね」な享楽タイプ。

みんなと逆さまな芽亜里が「何が何でも勝ちたい」という、一周回って普通。頭がいいのは間違いないけど、夢子や会長がすごすぎて、全然目立たない。

 

そんな彼女が『賭ケグルイ双』で主人公になり、至極真っ当で面白い、勝つためのギャンブルマンガになった。

これ本編が『アカギ』で、『双』が『天』のようななもん。あっほら、天貴史も、人情味があって意思が頑強で、最初の頃人を騙して勝ってたし。

 

アニメだと原作の生徒会編までしかやってないので、まだ芽亜里の活躍は芽生えたばっかりのところ。こっから先の選挙編になると、途端に芽亜里が主人公になる。まあ夢子は生徒会長とかどうでもいいだろうし、下手したら悪役だし。生態系狂わせるキャラだからどうしようもない。てか彼女を負かせるには、ブラックバスを池の水抜いて駆除するみたいに、学校解体してギャンブル禁止にするしかないんじゃないか。

なので、今の生徒会にの狂気に対しての、平常な思考の芽亜里が、うまく拮抗するというのはわかりやすい。

 

芽亜里の「普通」のいいところは、こっちの希望する方向に行ってくれること。

彼女は「自分が勝者になれればいい」みたいな言い方をするけれども、そこまで冷酷になれていなくて、「双」だと幼いころから慕ってきていたつづらや、賭場の持ち主・雪見なんかを仲間として信じて救っている。対戦相手だった子が他のキャラに貶められた時も、正義感が吹き出してたんかを切っている。

「本人は正義のためにやってないけど実際は正直者」というのが、ただの王子様キャラじゃない。ひねくれてるんだけど、勝って正しいことを貫いてくれるのは、ほんと見ていて精神衛生上よい。

んで一部の人間に強烈に信頼されやすい、その他大勢には受けはよくない、というのもよくできてるなーと。生徒会長、副会長、聚楽、壬生臣、仲間の二人、夢子、鈴井、結、等々。なぜか彼女めちゃくちゃに主要キャラにモテる。夢子より断然ハーレムしてる。

主人公体質だからというだけでなく、夢子がまともに動かないので、芽亜里がガンガン動かないといけないから、というのは大きい。

そこのバランスもちゃんと描かれていて。たとえば人生を賭けたギャンブルが行われた時、生徒会長のジャッジだと芽亜里は現在の資産も将来の価値もないのでお金にならない、とバッサリ。そうそう、ヒーローでも金持ちでもなく、かといって負け犬でもない、ものすごい平民の位置。

 

もうひとつ、芽亜里はデレない

金髪ツインテールツンデレだと思ったら大間違いだぞ、彼女はツンしかないぞ。

時折優しく見えるのも、彼女が自分に正直に動いているだけで、デレ要素はない。そこ。そこがいいんですよ。

ツンデレ」って、いわば最終的に人に流されている。素直になれずに隠している、ってとこもある。芽亜里は一切、本編も双も人に流されない。自分の道を真っ正直に歩いているだけです。だから負けても起き上がる。てか結構負ける。天才じゃないから。

 

このデレないし、元々親切でもないところが、むちゃくちゃかっこいい。なんかよくわかんない勢いで正論を言っても、つい信じてしまう迫力がある。

アニメ始まってから、やっぱりネットでの芽亜里人気がすごかった。いや原作連載時からそっか。どのキャラもよくできてるけど、芽亜里の造形はほんと凝ってる。

読者が一番共感しやすくできてるのが芽亜里で、読者が一番仲間にしたい気持ちにさせられるのも芽亜里。頼りがいがあるのも、やっぱり芽亜里。たまにひどい目にあってほしい気持ちもわいてくる。

ぼくは一発で芽亜里にやられたクチです。本編一巻で「うっかり惚れたなあ」と思ったら、最新刊でますます惚れました。

なので、是非芽亜里目当てで読んで下さい、って言いたい部分すらある。夢子の魅力は強烈なんですが、強烈すぎて苦手な人もいると思うので、そういう人は、芽亜里!

 

賭ケグルイ 8巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

表紙を見る限り、会長、夢子、芽亜里は対らしいんだけど、ちょっとまだわからない。

にしても、「双」の芽亜里がヒーローすぎるので、本編1巻につながるときどうひねくれるのか、つづらはどこに行ったのか、だいぶ気になります。パラレルではない、はず。

「サクラクエスト」24話 お祭りは宣伝じゃない、地元の人のためのものだ

 

f:id:makaronisan:20170829232119j:plain

(公式サイトより)


20歳女子の木春由乃。ド田舎の間野山観光協会に呼ばれて、50年前のお祭りを大復活。
アニメ『サクラクエスト』24話。Amazonプライムビデオでは、テレビ放送後すぐに配信されています。

 

 
『アオシマ書店』からレビューお引っ越しです。今までの一覧は下記に。

 


●24話「悠久のオベリスク
間野山市が合併吸収されるかもしれない、という話が出て、動揺する一同。
そこにテレビ局の人間がやってきて、みずち祭りの芝居に自社のアイドルをねじ込みたいと言い出した。由乃は譲歩案を考えるも、丑松観光協会会長は断固として拒否、追い返す。

皆は、落ち込んでいるヒマはないとみずち祭りの準備をモリモリ進めた。
すると町の住民たちも、自主的に宣伝をしたり、活動の支援に入ったり、協賛金を出したりと、今までになく盛り上がり始める。
当日、祭りは町の人の活気であふれた。そんな中、丑松はサンダルさんの祖先が書かれた石碑を見て、間野山存続のために姉妹都市提携ができないかと発案する。

f:id:makaronisan:20170919192712j:plain

 (公式サイトより)

 

●祭りは地味だった
サクラクエスト』では今まで何回かイベントを行ってきた。建国祭に、そうめん博覧会。いずれも大規模で、間野山の外側の人へのアピールとしての取り組みだ。
しかし今回は違う。ぶっちゃけ地味だ。おそらく参加者は、町の人だけ。
出店もずらっと並んでいたけど、建国祭の時と比較にならないほど、人はまばらだ。
だが、みんな笑顔だった。

1クール目の『サクラクエスト』は、観光として外にどう発信するかを考えるのがテーマだった。だから派手じゃないといけなかった
この段階では、成功してもなかなか町の人との連携は取れなかった。

しかし2クール目はほとんど外部向けの「観光」に目を向けていない。

由乃たちの視線は「町おこし」に向いていた。

出店に、太鼓に、劇に、お神輿。
ものっすごく普通だ。
でもその「普通」が出来ず、町では50年間放置されたままだった。
50年ぶりに復活させ、町のみんなが集まって、祭りに協力していく、という過程は、全く普通ではない。みんなの努力あってのもの。

ここが、由乃の主張につながっていく。
彼女はもともとは、東京で「普通じゃない」仕事につこうとしていた。

「普通じゃない仕事も、それが毎日続けば普通になるし、普通の仕事だって、そこに刺激を見つけられれば普通じゃなくなるからね」
「どんな仕事だって、その中に自分で刺激を見つけて、どんどん面白くしていけばいい。今はそう思う」

外から見たら普通で、わざわざ観光にはこないようなお祭りも、町の人には刺激的で、面白くしようと自らが考え始めるきっかけになった。
それは、普通じゃない。

 

●「若者・ばか者・よそ者」理論
町おこしの3つのポイント「若者・ばか者・よそ者」は、アニメ序盤から言われていた題材。
活気づける若者、どんどん突き進めるばか者、新しい視点を持つよそ者が、町おこしのカギになる。
最もこれが全てではない(町ごとに異なるから)けれども。少なくとも煮詰まった時のヒントにはなる。

 

この『サクラクエスト』は、由乃という3拍子そろった子の話であると同時に、丑松会長の50年の物語でもある。
丑松は根っからの間野山っ子。50年前にそれが暴走して、祭りを壊してしまった。
今は、なんとか間野山を活気づけたいと願い続けるも、迷走が多くて失敗続き。

割と「外向けアピールは大事」という丑松が、今回ははっきりと、テレビ局の人間に言った。
「こりゃわしら地元の祭りの復活じゃ! 地元の人間が望む形でやってこそ意味がある! みずち祭りは間野山のものじゃ!」
ここまで町のために拒絶をしたのは、多分はじめて。
主張がふらつかずはっきりしている。とても気持ちのいいシーンだ。

 

序盤の由乃は、かなりのばか者だった。町に一切視線を向けられないまま、暴走していた。
しかし現在の由乃は、下手したら誰よりも慎重だ。何か思いついても、それは町の人にとっていいのかを考える。もう「ばか者」ではない。
なので由乃の担当は「若者(エネルギーで先頭に立つ役割)」「よそ者(客観的な意見をいいながら、町の人への感謝を伝えられる人物)」
後先考えない「ばか者」担当は、丑松にあたる。
だから、祭りの最中に兼六園に行っちゃう丑松の行動を、由乃は信じると言い切ったんだろう。

にしても、丑松が謝ってから、千登勢との仲が異様によくなっているのがちょっと面白いですね。

まあ元々ケンカ友達みたいな意地の張り合いだったから……とはいえまるで夫婦状態。
正直千登勢さんの器のでかさが半端じゃない+根は50年前と変わってないというのが大きいので、丑松は「ばか者」でい続けられるところはある。

二人が竜の唄の演劇に真剣に打ち込んでいるのは、アニメ序盤では想像できなかったシーンだ。

 

●合併吸収はそこまで悪ではない
95年から05年の「平成の大合併」で、多くの市町村が合併、名前を変えた。00年の「さいたま市」とかですね。
これについては数多くの問題が起こったのは事実だが、いい話もそこそこあったようだ。


借金のある町は、合併によって安定する。過疎が進みすぎて、首が回らず破綻する行政も実際あるので、どうしようもなくて合併することは今でも多々ある。学校が過疎で廃校になるほどの間野山なら、まあ有り得る話。

 

デメリットは、感情的な部分だ。
まず、地方行政としての間野山がなくなる。
自由に動くことがしづらくなるので、今まで由乃たちが積み重ねてきた「町の人のための町おこし」がリセットされる可能性は大。
間野山独自の文化を保護する動きも、意見が通らなければ難しくなる。
なにより、復活させるつもりのみずち祭り存続の、大きな壁になる。

 

ハードなテーマなのでどうなるかと思いきや、由乃たちは「それはそれとして、今はみずち祭りの準備をしよう」という方向に舵を切った。
できないことはしない、できることをする、というのが見られただけでも、グッと来る。育ったなあ由乃

 

今回のみずち祭り、限界集落の独居老人たちが大活躍していたのが本当によかった。
まずみずち祭りの宣伝と称して、早苗の作ったネットワーク「間野山ちゃんねる」を駆使。老人たちが出来る限りの知恵を使って、カウントダウン動画を作るというワクワクする展開になった。これには若者も参加しているので、町のコミュニティとしてはとても賑やかだ。
祭りの当日、みこしを担いでいたのは全員独居老人だった。普通なら運べるわけもないので、ドクのパワーアシストスーツを全員が身につける、という裏技を使用。
ここらへんが『サクラクエスト』のファンタジーなところ、リアリティラインのぎりぎり上限なところ。

普段山奥で、町に降りることもままならず、静かに暮らしている老人たちが、懐かしの(学生時代は知っているはず!)みずち祭りに参加して先頭に立てるなんて、最高の思い出じゃないですか。町の人から見ても、老人たちのみこしは面白いったらない。よくぞ考えた。

こういうのを見ると、合併吸収はちょっとさみしいかな、と感じてしまう。
合併したからって、みずち祭りが無くなるとは限らない。
でもこういうアットホームな、町のみんなが幸せな環境に、他の声が入ってしまうのはもったいなさすぎる。
丑松が異常に合併反対にこだわるのは、こういう間野山を愛しているからだ。

 

●ラストに向けての期待
後半立て続けに、民泊受け入れ、限界集落、廃校、シャッター商店街、吸収合併と難題が続きまくった『サクラクエスト』も、あと一話。さみしい。
基本5人行動ではあるけど、自然に由乃にスポットが当たる構図になって、彼女の成長が明確に見えている。今一話見ると、へらへらしていて不安定極まりないです。

展開として考えられるのは、
由乃が町を去って地元に戻る
・間野山に由乃が残って、5人で続投
・凛々子が間野山を出て、他の4人はそれぞれの仕事を作る
などなど。

個人的には、2が嬉しいけど、ぶっちゃけどれでもいいと思う。
例えば早苗なんかは、すでに町のために根をおろし、人のためにできる全力を尽くす覚悟ができている。もうひとりでも動ける。

 

もうひとつ、アニメ的には今まで出てきたキャラ全員がなんらかの形で力を貸してくれる、という展開も有り得るんだけど……『サクラクエスト』ではそれはやらない気がする。それぞれのサブキャラクターに思想があって、都合のいい流れに乗っかることをしないからだ。
それに今回の由乃の誕生日で、十分そこは果たした気もする。和菓子のケーキよかったなあ。由乃が実は自分の誕生日のこと黙って作業していたのも、素敵だった。

幸せになってくれる、というのは信じています。

幸せの形は、1つじゃない。

 

サクラクエスト (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

サクラクエスト (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 

『サクラクエスト』1話 就活失敗女子、限界集落寸前の町で疑問だらけの行動の末、国王になりました|おたぽる

『サクラクエスト』2話 最初の町おこし失敗、サイト作ったくらいでお客さん来たら苦労はしません|おたぽる

『サクラクエスト』2話 最初の町おこし失敗、サイト作ったくらいでお客さん来たら苦労はしません|おたぽる

『サクラクエスト』3話 町の発展とか正直どうでもいい、住む権利はあるけど、盛り上げる義務はないでしょ|おたぽる

『サクラクエスト』4話 由乃国王、サーバルちゃんみたいになる「すごーい!」|おたぽる

『サクラクエスト』5話 バカは立派な褒め言葉、サグラダファミリアみたいな建造物をつくりたい由乃国王|おたぽる

『サクラクエスト』5話 バカは立派な褒め言葉、サグラダファミリアみたいな建造物をつくりたい由乃国王|おたぽる

『サクラクエスト』6話 売れたかったら蝉を食え。女優って職業の人は……「変わった人間」なんだなぁー|おたぽる

『サクラクエスト』7話「そんなのふるさと捨てた由乃ちゃんだから言えるんだよ!」|おたぽる

『サクラクエスト』8話 年上キラーしおりちゃんの冷たい微笑みはまじサタン|おたぽる

『サクラクエスト』9話 田舎の人間関係の間合いを実感しつつ、水着で流されそうめん女子|おたぽる

『サクラクエスト』10話 オタク「コミュ障気味」女子、田舎の婚活ツアーが無理すぎてほとほと疲れ果てる|おたぽる

『サクラクエスト』11話「私のことなんか誰も認めてくれない」そんな引きこもりUMA女子ががんばった|おたぽる

『サクラクエスト』12話 田舎に人気ロックバンドを呼ぶとかやめてー! 大失敗フラグじゃないの?|おたぽる

『サクラクエスト』13話 待て待て、半年程度で観光客が毎日もりもりくるようになるとか、絶対ないから!|おたぽる

傑作の予感『サクラクエスト』2期へ。大成功しないリアルな歯がゆさの中、20代女子5人町おこし奮闘中 | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

恐怖、うら若き女子に詰め寄る安産軍団「サクラクエスト」14話、定住人口を増やせるのか問題 | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

UMAが好きなら言葉なんていらない「サクラクエスト」15話 凛々子、外国人女性の友達ができる | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

東京に出て音楽をやるんだ「サクラクエスト」16話 今は頑固な老人たちも、ロックに叫んでいた | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」17話 若い女の子たちが、独居老人の限界集落問題なんて解決できるのか | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

神回「サクラクエスト」18話。このアニメやるな、過疎地区の独居老人問題に1つの解を見事に示す | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」19話 廃校舎は再利用できるし、女優の夢だって諦めなくていいんじゃないの? | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」20話 廃校での演劇でアレを見せるなんて、そんなの卒業生泣いちゃうじゃん | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」21話 シャッター商店街は必ずしも悲劇の舞台ではない | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」22話 終わろうとする商店街を全て救うことはできないけれど | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」23話 誰かが苦しむならそれは町おこしじゃない、ただの開発だ - たまごまごごはん

 

「サクラクエスト」23話 誰かが苦しむならそれは町おこしじゃない、ただの開発だ

f:id:makaronisan:20170829232119j:plain

(公式サイトより)


20歳女子の木春由乃。ド田舎の間野山観光協会に呼ばれて、和菓子屋に洋菓子屋の相談をしにいく。
アニメ『サクラクエスト』23話。Amazonプライムビデオでは、テレビ放送後すぐに配信されています。

 

 


『アオシマ書店』からレビューお引っ越しです。今までの一覧は下記に。

今回も商店街メインの話なので、また老人だらけ。
このアニメの真価は、年寄りの描写にあると思う。田舎で年寄り描かないと嘘だもんね。

ホワイトボードに「第27回 タブレット講習会」と書かれていたのが、すっごく嬉しかったなあ……蕨屋集落の独居老人たちがコミュニケーションを取るためにはじめたタブレット講習、こんなに続いてたんだ。「続ける」ことこそが町おこしで一番大事なことなのを、ちゃんと描いている。

 

●23話「雪解けのクリスタル」


隣の大都市・富蔵市のおしゃれな洋菓子屋から、観光協会主催のみずち祭りに協賛したい、間野山に支店を出したい、という話の持ちかけがあった。これ以上ないおいしい話だ。
ところが、シャッター商店街の誰も、店舗を貸してくれない。二階に住んでいる人が多いからだ。そこで引っ越してしまった老人・秋山に連絡するが、断固として話を聞いてくれない。

商店会会長の織部千登勢によって、商店会の会合が行われた。前向きに何かしようとする人間のいない商店街の現状を話す。問題提起をして全員に動揺が走った。
ケンカに発展しそうなくらいの腹を割った話し合いのすえ、貸店舗が確定。本格的にみずち祭りへの計画を動かせるめども立ってきた。
そこに飛び込んできたのは、間野山の富蔵市への吸収合併の話だった。

 

f:id:makaronisan:20170913012817j:plain

(公式サイトより)

 

●最大多数の最大幸福は、幸福ではない

秋山老人の表現は、過疎地の悲しみそのものだった。
店舗を貸した若者に夜逃げされてしまい、保証人になっちゃったがゆえに若者の借金を背負うハメになってしまった。
ここまで極端なのはあまりないにしても、よそから来た人に引っ掻き回されて、迷惑をかけられたというのは、まれにある話。
価値観の違いでぶつかる事象はまれにある。ぼくも見てきた。

秋山が心が救われ、納得した上で店を貸せれば、ハッピーエンドだった。
でもこのアニメは、そうしなかった。
人の心はそんなに簡単に癒やされない。じゃなきゃ、山奥に一人引っ越しなんてしない。
お金の問題じゃない。「裏切られた」というトラウマと、商店街のためにそれをずっと言えなかった苦しみは、一生そうそう癒えない。

会議中のみなのお願いは、最大多数の最大幸福理論に基づいて語られる。
全員が洋菓子屋が来て助かる。秋山1人は辛い思いをする。
一斉に説得しようとする空気は、ほとんどいじめだった。
でも死にかけの商店会の人々が必死なのは、良かれと思っているからだし、間違ったことは言っていないのだ。

「皆さんのおっしゃってることは多分正しいです。町の為を思っていってらっしゃってるんだと思います。でも、望まない人にとっては、押しつけでしか無い気がします」「きれいごとかもしれません。でも、間野山に住む一人ひとりが自分から何かを変えようと思わなきゃだめなんです。多数決で物事が進められて、それが誰かの犠牲の上に成り立つものだったら、それはもう町おこしじゃありません、ただの開発です」

由乃の訴えは、今まで彼女が感じてきた「町のあり方」へのアンサーそのものだ。

 

ぶっちゃけ、「ただの開発」が悪いわけじゃない。高速道路やダムの建築で「お金払うから引っ越してネー」みたいなのはよくある話だ。
それで喜ぶ人の方がトータルでは多い。
ただし、誰かが涙を飲んで諦め、心に傷を負うこともある。

「きれいごとかもしれません」は絶対忘れてはいけない。やっぱり由乃はまだ根をおろしきれていないよそもの。
だからこそ自分が言えること、受け入れてもらった一人として言えることを、彼女は言った。
商店会に対してとか、秋山に対しての同情ではないのがポイントだ。かなりフラットな、町おこし論としての、感情に流されていない意見を言えるのは、彼女しかいない。

 

●曲がらない千登勢

今回は本当に千登勢さんがかっこよかった。じゃないですね。いつもかっこいい。
和菓子屋の彼女の元に洋菓子店の話を持ってくるとか、ほんと失礼千万。でも千登勢は、商店会のためになるならと、自ら足を運んで皆に誘致の相談をした
ものすごい労力と、懐の広さだ。

千登勢は一期では、観光協会のラスボス(彼女を納得させなければ意見が通らない)的な描かれ方をしていた。
二期では、観光協会の面々を叱咤しながら、ポイントごとに町に目を向けるよう導く教え手の立場になっている。
保守的な一面はあるけれども、それはグッとこらえている。観光協会の若造の意見を、正しければ聞く。常にトータルでのプラスを考えている。

「(商店街が)必要とされないならそれも時代の流れだ」
みながぎょっとする発言もする。でもここで「みんなで頑張っていこう」という方がよっぽどきれいごと。千登勢は現実的な話しかしない。

早苗が「あの人は最初から筋が通ってるわよ」と言うように、面々は時々怖がるけど、ちゃんとわかっている。
クライマックスに向けての展開で、感情的にあまりならない彼女がどう動くのかは、話のキモになりそうだ。丑松会長とも和解したし、ここで力をあわせたら熱いんだけどなあ。バラが咲いちまわないかなあ。

●合併のお話 

市町村合併。ああ、ついにきた、田舎の問題の真のラスボス!
町が無くなる、故郷の名前が消滅する。
平成の大合併の影響で、00年代に日本中で合併が起こった。経験者は多いと思う。

舞台になっている現実の富山県を話に取ると、富山市は05年にものすごい合併を行っている。
大沢野町、八尾町、大山町、などなど7つの市町村が新設合併し、新しい「富山市」が発足した。おかげでめちゃくちゃ広い面積の市になっている。

悪いことではない。経済と行政をなんとかするための動き、という名目だから。
ただ、それで何もかもがうまくいくとは限らない。
もし合併したら、観光協会も今までのように自由には動けなくなりそう。

本当に、片っ端から地方の問題を拾ったなあと感じますサクラクエスト
他の問題は、作品なりに理想像を提案していてゾクゾクしたけど、合併はなあ……女の子にどうこうできない。
今までまいてきた人間関係の種が、芽吹いてくれることを祈るばかり。

個人的には野毛さんが、あんなにかっこいい「前向きな町おこし像」を叩き出すキャラになるとは思わなかった。もしかしたら、今まで出てきたあのキャラやこのキャラが、もしかするかもよ。

 

サクラクエスト (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

サクラクエスト (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 


コミカライズ版3巻、よかった! なにより夏に水着回がなかった(流されそうめんだけだった)のが、まさかのオリジナルイベントで掲載。本編がハードすぎてキャラ萌えする余裕ないので、ここで充填しよう!

『サクラクエスト』1話 就活失敗女子、限界集落寸前の町で疑問だらけの行動の末、国王になりました|おたぽる

『サクラクエスト』2話 最初の町おこし失敗、サイト作ったくらいでお客さん来たら苦労はしません|おたぽる

『サクラクエスト』2話 最初の町おこし失敗、サイト作ったくらいでお客さん来たら苦労はしません|おたぽる

『サクラクエスト』3話 町の発展とか正直どうでもいい、住む権利はあるけど、盛り上げる義務はないでしょ|おたぽる

『サクラクエスト』4話 由乃国王、サーバルちゃんみたいになる「すごーい!」|おたぽる

『サクラクエスト』5話 バカは立派な褒め言葉、サグラダファミリアみたいな建造物をつくりたい由乃国王|おたぽる

『サクラクエスト』5話 バカは立派な褒め言葉、サグラダファミリアみたいな建造物をつくりたい由乃国王|おたぽる

『サクラクエスト』6話 売れたかったら蝉を食え。女優って職業の人は……「変わった人間」なんだなぁー|おたぽる

『サクラクエスト』7話「そんなのふるさと捨てた由乃ちゃんだから言えるんだよ!」|おたぽる

『サクラクエスト』8話 年上キラーしおりちゃんの冷たい微笑みはまじサタン|おたぽる

『サクラクエスト』9話 田舎の人間関係の間合いを実感しつつ、水着で流されそうめん女子|おたぽる

『サクラクエスト』10話 オタク「コミュ障気味」女子、田舎の婚活ツアーが無理すぎてほとほと疲れ果てる|おたぽる

『サクラクエスト』11話「私のことなんか誰も認めてくれない」そんな引きこもりUMA女子ががんばった|おたぽる

『サクラクエスト』12話 田舎に人気ロックバンドを呼ぶとかやめてー! 大失敗フラグじゃないの?|おたぽる

『サクラクエスト』13話 待て待て、半年程度で観光客が毎日もりもりくるようになるとか、絶対ないから!|おたぽる

傑作の予感『サクラクエスト』2期へ。大成功しないリアルな歯がゆさの中、20代女子5人町おこし奮闘中 | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

恐怖、うら若き女子に詰め寄る安産軍団「サクラクエスト」14話、定住人口を増やせるのか問題 | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

UMAが好きなら言葉なんていらない「サクラクエスト」15話 凛々子、外国人女性の友達ができる | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

東京に出て音楽をやるんだ「サクラクエスト」16話 今は頑固な老人たちも、ロックに叫んでいた | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」17話 若い女の子たちが、独居老人の限界集落問題なんて解決できるのか | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

神回「サクラクエスト」18話。このアニメやるな、過疎地区の独居老人問題に1つの解を見事に示す | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」19話 廃校舎は再利用できるし、女優の夢だって諦めなくていいんじゃないの? | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」20話 廃校での演劇でアレを見せるなんて、そんなの卒業生泣いちゃうじゃん | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」21話 シャッター商店街は必ずしも悲劇の舞台ではない | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」22話 終わろうとする商店街を全て救うことはできないけれど | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -